産地で味って変わるものなのかな

黒毛和牛とは、国産のブランド牛のことかな、という漠然としたイメージをお持ちの方が多いのではないかと思います。この黒毛和牛の起源というのは、明治時代に農商務省(現在の農林水産省と経済産業省の前身)が中心となり、日本における牛肉の需要増加に伴い外来種の牛を輸入して和牛と交配させて、体格・飼料効果・早熟性、・発育や泌乳能力などの優れた牛を作るための改良を行い続けたことに始まります。長年の改良の成果が実り、これらの牛に「黒毛和種」という名称がつけられ、現在のブランド牛の先祖となったのです。この黒毛和種のことを一般には黒毛和牛と呼んでいるのです。

地域団体商標「いけだ牛(いけだぎゅう)」が登録査定|経済産業省北海道経済産業局

黒毛和牛は厳しい基準の中で認定されるものですので、そんなに大量に飼育することはできません。その分、手間暇を掛けて育てられていますので、お値段が高い分、美味しいというわけです。

そうは言っても、全国にはかなりの数の黒毛和牛のブランドが存在します。誰もが知っている有名所を挙げると、兵庫県の神戸牛、三重県の松阪牛、山形県の米沢牛、滋賀県の近江牛、岐阜県の飛騨牛などが思い浮かびますね。しかし、その他にも各地にたくさんのブランド牛があり、その数は全国で130を超えるとも言われています。

台南老牛之家 讓老耕牛安養天年 - YouTube

これらのブランド牛に味の違いはあるのでしょうか。もちろんあります。コメが産地によって味が違うのと同じです。その土地その土地で気候や風土、土や水、餌が違いますし、飼育農家の方の育て方だって牛舎ごとに異なりますから、自ずと肉の味や食感、香りだって変わってきます。どこの肉の味が好きかというのは、もはや好みの問題になります。

黒毛和牛

全国のブランド牛を食べ比べてみるのも、面白いかもしれませんね。