贈り物って相手の趣味に合わせて贈ると失敗がないよ

世の中には、贈り物をする様々な機会があります。例えば、二人の新しい門出を祝う「結婚祝い」、出産という大きな人生の節目を無事乗り越えて母となった喜びと、新たな命の健やかな成長を願う「出産祝い」などがあり、それぞれのタイミングで相応しい記念品や、心ばかりのお祝いとして現金を渡し、お祝いの意味を込めた贈り物とするのです。

ギフト・贈答品に米沢牛・山形牛

さて、この贈り物についてですが、時折「貰ったはいいが、ちょっとこれは使い道が無い」というような状況になることがあります。ここで確認してみましょう。
期せずして、貰って困る贈り物になってしまう贈答品には、ある大きな要因が共通しています。それは、「贈る側の贈答品を送る趣味・センスが、貰う側のそれと合わない」ということです。
具体的に例を挙げてみると、贈答品を選ぶ際に、贈り手が自分の趣味の延長線上で、アンティークな置時計を選んだとしましょう。しかし、それを貰う側が比較的若い夫婦で、ポップなインテリアを好んでいるとしたら、この贈り物は「その後の扱いに困る、少し持て余し気味のギフト」となってしまいます。

焼肉 さめじま 湯布院の人とお店体験

私には、デパートのギフトコーナーで働いている友人がいますが、その人に言わせると「贈り物って相手の趣味に合わせて贈ると失敗がないよ」とのこと。
確かに、何かギフトを贈る際は、自分の趣味ではなく、相手のセンスに合わせて考えてあげると、渡して喜ばれる贈り物になってくれます。

田庄所在耕牛園|月眉民宿|后里民宿|麗寶樂園|后豐鐵馬道|月眉糖廠|廟東|逢甲 - 耕牛園簡介

大切なのは、相手を思いやる気持ちと、贈り物に関しても言えそうです。