脂肪吸引の年齢制限

人は誰でも自分の見た目を良いものにしたいという願望を持っています。お隣の韓国のように、若い年代から進学や就職の為に美容整形をするのが珍しくない国もあるように、男女問わず見た目の美しさには変わらぬ憧れが有るのでしょう。
勿論顔立ちだけではなく、全身のプロポーションについても全く同じことが言えるでしょう。バランスの良い体型を望むことも、皆同じです。



しかし、若い人は身体の成長のスピードも個人差が有ります。人によっては20代前半でも身長が伸びる人も居ますし、学校に通う生活から社会人になったことでライフスタイルが変わり、それが体型に大きく影響をもたらすケースも多数見られます。
若い年齢で美容整形に頼るよりは、生活スタイルなどの努力で体型維持をする方が身体の為には良いでしょう。

体脂肪計タニタの社員食堂(正・続編)アプリ版

このように、美容目的で手術をするには成長に応じた適正年齢があると言えます。
そして脂肪吸引にも同様のことが言えます。10代の人については、やはり身体が成長期にある人が多いため、施術して脂肪を除去しても体内で新たに脂肪細胞が増えてしまうこともあるのです。脂肪吸引をしても体型が元に戻ってしまえば、高額な手術費用も無駄にすることに繋がります。
よって、脂肪吸引の手術も成長が落ち着いた20代以降から受けるのが良いでしょう。逆に中高年の人が脂肪吸引の手術を受けることについては、受けたい箇所の皮膚の状態を注意することが必要です。表面の皮膚がたるんだ状態で脂肪吸引をすると、一層皮膚はたるんでしまいます。脂肪吸引した箇所のボリュームは減っても、肝心の見た目が悪くなってしまうことも考えられるのです。

難病情報センター | 脂肪萎縮症

美容の観点から見れば脂肪はプロポーションにとって邪魔なものに思えるかもしれませんが、性別や年齢に関わらず、脂肪そのものは身体のエネルギーを蓄積している部分であり、体温調節など人間の健康状態を維持する為に欠かせないものでもあるのです。
自身の年齢と健康状態に留意した上で、医師やカウンセラーと相談することが必要です。